今すぐ実践!誰でも簡単に試せるダイエット方法5選

ダイエットの方法は自分好みに行うことが重要

肥満は、心筋梗塞などの病気になりやすく、様々な病気に陥りやすくなってしまいます。
ダイエットをしようと試みる人は、女性は特に多いと思いますが、自分の中で続けられる方法を見つけることが大事です。ダイエットに効く薬や飲み物を飲んでも思った程の効果が得られず、止めてしまう人が殆どです。私は、食事制限と運動でピーク時よりも5キロの減量に成功しました。ダイエット補助の薬や飲み物は一切使用していません。ダイエットは、それぞれの1日の摂取カロリーより下回れば少なからず痩せると思います。人によってそのカロリーは異なりますが、予想より食べてしまった時や1日のカロリーをオーバーして摂取した時は、その分運動で消費すれば良いのです。一週間程のスパンで体重計に乗り、自分の体重の変化を感じる事も大切だと思います。減量していればさらにやる気も出ますし、減っていなければこれから追い込みをかけてダイエットに集中する事ができます。無理なくダイエットと向き合うことが肝要です。

yase

気持ちが良いダイエットが一番

簡単なことほど長く続くということを考えていればダイエットは失敗しにくいです。そもそも何を持って失敗とするのかそれは人それぞれですが・・・。大体自分が目標とする体重になったらダイエット成功ということになるんでしょうが、自分が決めた目標体重になどならなくてもスタイルが良くなったと思えばそれでダイエットは成功したと思った方がいいと思います。わたしはいつもそう考えています。

マイナス何キロ痩せるとか、雑誌や広告によく記載してありますが、そんなことに惑わされているうちは良いダイエットなんてできっこないのです。気持ちよく痩せるためには気持ちがいいダイエットをするしかなく、気持ちがいいダイエットとは「何にも惑わされない」ということです。雑誌や広告に惑わされて「わたしなんてまだまだ・・・」なんて思っているうちはダメです。

体重計に乗るのをやめて鏡を見て判断することも大事なことです。自分の目と自分の感覚を信じることです。

水素水でダイエットはできる?

「ダイエットに何が良いか」という話で、最近水素水のことが出てきます。水素水がダイエットにいいということをしきりに話す人がいますが、水素水は水です。水の中に水素が多少含まれているだけの飲み物です。水素は身体の中に発生する活性酸素と結びついてそれを中和させてくれるので、身体にとって良いのは確かです。

ただ、水素水がダイエットに良いということについて、「それは水なんだから当たり前」としか言いようがありません。水道から出る水を飲んでいても水素水を飲んでいても痩せる効果は全く同じだとわたしは思うのです。わたしは水素水を今年に入ってから飲み続けてきましたが、特に痩せる感じはありませんでした。

水素水の中に下剤が入っているわけではないですし、水素自体にダイエットの効果もありません。水は水なんです。カロリーがないのだから太らないということは言えますが、ダイエット効果を謳うのはどうかなと思っています。アンチエイジングにはなりそうです。

掃除を怠けないダイエット

最近の電化製品は年々便利になって使いやすくなりました。わが家にもたくさんの今どき家電製品が揃っていますが、そういうものに慣れてしまうと身体を動かさなくなってしまいます。

一昔前は、床を水拭きしたり乾拭きしたりほうきで掃いたり・・・床の掃除だけでも身体をくまなく使っていました。というか、床の掃除だけでも家の中やるとなると筋肉痛になるくらい身体を使ったものです。もちろん汗も出ますし、膝は汚れて手にチカラが入らなくなることもありました。

最近は進化した電化製品や掃除用品のおかげで、身体を酷使しなくても家の中の掃除ができるように変わりましたが、考え方によってはこれは良し悪しです。もちろん科学が進歩してコンピュータは賢いですから、人間が楽することに対して悪いと一概に言えませんが、楽になったばかりに太りやすくなったことは確かです。

わたしは電化製品に家事を助けられながらも、残った部分の掃除にチカラを入れてダイエットしています。

サプリを使ったダイエット方法

中学生の頃からダイエットに興味を持ち始め、痩せると聞いたら何でも試していました。りんごダイエットやバナナダイエットなどは同じ食べ物だけを食べないといけないし効果も出なかったのでやめました。一時ブームになった黒酢ダイエットでは、酢を飲んだ為か胃が痛くなりすぐやめてサプリメントに手をだしましたが最高の効果を発揮する事ができました。エステにも通って脂肪燃焼する機械が痛いですが確実に体のラインは変わります。お金の面では苦労しますが楽して痩せるにはエステが手っ取り早いと思います。ダイエットをサプリを飲んでいると痩せにくいと言われている年齢でも十分な効果が発揮できるのではないでしょうか。
特にお勧めしたいのが痩せるサプリでするダイエットです。
20代後半になるとそれだけでも痩せにくく、体の中から改善しないといけないと思いヨガ教室に行きインナーマッスルを鍛えて何もしてなくても体が燃えるよう努力しましたが気分的にはリラックスして臨めるのですが対して体重は落ちずやめました。炭水化物抜きダイエットをしていますが夜ごはんだけを米をやめていますが体重は変わらず、やはり運動してある程度食べるものもセーブしながらじゃないとなかなか満足のいく結果は得られないものと思います。

運動は絶対したくない、私のダイエット

お金をかけずに痩せたかったら縄跳びをすることをおススメします。もちろん家の中ではおこなわず、できたら近所の公園など広くて安全な場所で行うと良いでしょう。広い庭が自宅にある場合は庭でおこなえばいいですが、縄跳びは後ろに土が飛んだり砂埃がたちやすいためちょっと注意が必要です。

洗濯物や花壇など、汚れてはいけないものがある場合は向きを変えるなどして縄跳びをするといいです。ランニングやウオーキングもダイエット効果があるのは確かです。たけど、ランニングもウオーキングも庭ではできませんから、近所や大きな公園の外周を利用することになります。

そういうことがめんどくさいと感じたり、人目に付くのが苦手な人は、簡単にできる縄跳びが良いと思います。もし縄がなくてもその場でジャンプしているだけで良いのです。ジャンプするだけでも縄跳びをしたのと同じ効果がありますし、もし縄が必要でも安く手に入りますから苦にならないはずです。

そんな私は今、158センチ、56キロ。もうホント、痩せたいです。でも、運動は絶対嫌なんです。嫌というより、続かないんですよ。運動に、楽しさを感じないんですね。なので、日常の動きを運動にしたいと思っています。ただ、それも楽しさを感じないとやっぱり続かないんです、例えば、買い物。これ、洋服とか雑貨とか自分の好きな物の買い物だったら、1時間歩こうが2時間歩こうが、全然問題ないんですが、毎日買いに行くものじゃないし。かと言って、毎日食べるからって、食事の材料を買いに行く買い物じゃ全然テンションが上がらなくて、一歩も歩く気になれないんですよ。で、掃除ならそんなに苦にならないので、トイレ掃除、廊下掃除、階段掃除とか毎日やってますが、イマイチガツーンと体重が減りません。それで、入浴も毎日しますが、これを何とかカロリー消費に繋げたいなと思って、ネットで色々検索してみたら。いいのがあったんです!その名も、高温反復浴。方法はとっても簡単です。最初に掛け湯を充分しておきます。その後、40度から43度のお湯に浸かるんですが、最初は5分だけ。そのあと浴槽を出て5分休みます。そして今度は3分浸かって5分休みます。また3分浸かって5分休みます。たったこれだけ。5分休みが3回あるんですが、その休みに体を洗い、シャンプーをし、トリートメントをしていたら、あっという間に終わってしまうんですよ。それに、結構汗をかくんで、お肌の老廃物も汗と一緒にさよならだし、むくみもとれそう。一か月続けたら、1キロほど痩せるくらいのカロリーを消費するらしいのです!これなら簡単だし、続きそうです。

背筋を伸ばすというだけでもダイエット効果を実感する事はできる

きれいにもなれて痩せられる方法は数少ないですが、背筋を伸ばすだけできれいになっておまけに痩せられます。痩せるのはあくまでもおまけと考えた方がいいですが、背筋を伸ばして生活しているだけで痩せられたらそんなにラクなことはないでしょう。

おまけといっても私の場合は2~3キロ半年間で体重が落ちましたから、おまけと言ったら申し訳ないかもしれません。それに私は元々痩せ型体型で身長は高めで特に痩せる必要はありません。お腹が出ているというような悩みもないので、背筋を伸ばすことを意識するのはプロポーションを維持するためです。

プロポーションを維持するためにはじめた背筋を伸ばして生活するということが、なんだかダイエットにも良さそうだと思っているだけです。お金は1円も必要ありません。金銭的に余裕がない人にはもってこいの美容法だと思います。ダイエット法としても成果があると思いますが、「毎日しっかり続ける」ということが大前提です。

便秘解消を1番に考えるダイエット方法

「便秘をなくせば極端には太らない」と思っているので、便秘になりにくい食品を選んで食べています。もちろん栄養も豊かな方がいいことは言うまでもないことですが、それプラス便秘になりにくいものを選んで購入することが多いです。

便秘くらいちょっと我慢すれば・・・なんて思っているとすぐに太ります。便秘をするということは、太るということ以外にも身体にとってマイナス以外のなにものでもありません。身体の抵抗力も奪われますし、第一、下っ腹がパンパンに張っている状態なんて見ているだけでも気分が悪くなります。

ウエストがキュッと引き締まってくびれができるように、便秘だけはしてはいけないと思いながら食事を作ります。わたしはイモ類を料理で使うことが多いです。1番多く使うのはジャガイモですがサツマイモもよく使います。ジャガイモもサツマイモも蒸かすだけで甘く美味しく食べられます。それをいろんな味付けで食べると飽きないですし便秘になりにくいです。

ダイエットが悪いのではなく続けないのが悪い

「ダイエットは無理なく」がわたしのモットーです。ダイエットで無理をする人が多いからダイエットの評判がすこぶる悪いわけですが、本当はダイエットが悪いわけではありません。ダイエットが悪いことではなく「やり方を間違えている人が問題」なのです。

ダイエットは正しくおこなえば身体にいいことです。健康法にもなるダイエットは正しくおこなう必要があります。正しくおこなうということは、「ダイエットをやり過ぎないように気を付ける」ということです。とっても簡単で単純なことなんです。

「食事だけでダイエットをしない」ということもひとつ言えますが、運動が嫌いな人は無理に運動を組み合わせる必要はありません。わたしは運動が大好きだから食事と運動でダイエットしていますが、運動が嫌いな人が運動を組み合わせるとストレスからダイエットが失敗しやすくなります。

運動が苦手な人は運動以外の方法を探して食事制限と組み合わせると痩せやすくなります。

脂肪燃焼のための具体的な有酸素運動法

ダイエットを行うには、食事制限も大切ですが、筋肉を程よく動かす有酸素運動も必要です。
有酸素運動というのは軽い負荷を筋肉にかけて、呼吸が整う程度の運動を指します。

例えば水泳やランニングが、有酸素運動に当たります。
有酸素運動を行なうことによって全体の消費カロリーが上がり、痩せる体を作ることができます。

もしダイエットを行うのであるのなら、有酸素運動を行うことをお勧めします。

有酸素運動の具体的な方法は、水泳でもランニングでもなんでもいいです。
自分の好きな運動を行うことをお勧めします。

もし運動が嫌いなら、ウォーキング程度の運動でもいいです。
一日の時間を作って20分程度の運動を行うように心がけましょう。

?日20分間ウォーキングを行なうことによって、脂肪が段々と燃焼されていき、お腹周りの脂肪が燃焼されていきます。

ただし多少息が切れる程度の運動を行った方が、ダイエット効果を高めることができます。
というのも運動の強度を上げたほうが有酸素運動の効果が高まるからです。

ただだからといって、運動の強度を上げ過ぎると、無酸素運動という運動に切り替わり、
心肺機能を鍛える運動になってしまい、脂肪燃焼する運動から程遠くなってしまいます。

ではどれぐらいの強度の運動がベストかというと、ランニングとウォーキングの中間程度のすp-ドで走る有酸素運動がベストです。

この程度のスピードの運動なら呼吸が整い、効果的な有酸素運動を行うことができます。
この運動も先程も言ったとおり、20分間?日、数ヶ月続けていくと、どんどんと脂肪を燃焼することができます。

ダイエットは地道な習慣の繰り返しです。始めの内はしんどいかもしれませんが、このジョギンの有酸素運動法は誰でも実践できる簡単な方法です。

これ以外の運動は特に行う必要はありません。

シンプルな運動方法ですので、ぜひ続けてもらいたいものです。

ぜひこのジョギングを習慣化するようにがんばってくださいね。

ダイエット中でも栄養は必要不可欠なファクター

ダイエット中でも栄養は必要です。ダイエットをするときによく食事の量を減らしますが、必要な栄養をちゃんと摂れていないと体に良くありません。食事の量を減らせば短期間で結果が出るので、安易に食事を減らしたダイエットをしがちですが、たとえ体重が減ったとしても、きれいに痩せはしません。顔色は悪くなりますし、肌がかさついたり、便秘がちになったり、いろいろと影響が出てきます。健康的に痩せた人と比べると明らかに差が出ます。どうしても食事を減らしてダイエットをしたいという場合には、食事抜きダイエットに対応したダイエットドリンクやサプリメントに頼ったほうがいいと思います。ダイエットドリンクやサプリメントに頼りすぎてもよくないとは思いますが、ただ白ご飯抜きや、おかず抜きといった極端なダイエットをするよりかはいいはずです。元気に健康に生きていくためには、バランスのいい食事が一番です。ダイエットしながらでも必要な栄養をきちんと食事から摂ることが理想的です。
栄養がきちんと摂れてカロリーが低い和食中心の食事に変えてみるのはひとつの手かもしれません。洋食の食事のほうが比較的カロリー高いものが多いので、食事のメニューを変えるだけでもダイエットにはなります。もしくは人気のタ○○食堂などを参考にするといいかもしれません。本が出版されているので、そのまま真似して作ることが可能です。まずは自分の食事の献立を見直すことからダイエットをはじめてみることは大事です。
年をとったときに、過度な偏ったダイエットのつけは回ってきます。若いうちには感じないかもしれませんが、体に良くないことをつづけていると、必ずどこかでガタが来ます。安易に食事抜きダイエットをするのではなく、手間と時間がかかっても、きちんと栄養を摂りつつダイエットをしたほうが絶対に体にはいいです。せっかくダイエットできれいになりたいのであれば、痩せる方法も健康的でなければなりません。

ダイエット中お腹が減ってしまうときにはどうしたらいいのだろう

ダイエットをしているとどうしても食事量が少なくなり、お腹が減ってしまうときがあります。
今はダイエット用のお菓子なども出ていますが、カロリーだけ計算すると、結局お菓子はお菓子ですので、市販のものと比べてみても普通のお菓子のカロリーになってしまいます。
ダイエットを始めたときは「ダイエット中にでも食べていいお菓子だ」と沢山食べていたのですが、それでは元の木阿弥です。しかしどうしても甘味がほしいときやお腹が減ってしまってこのままでは精神的によくないのではないか、と思ってしまうときがあります。
そういうとき私はミニトマトを食べるようにしています。以前テレビに出ていた女医さんが、お腹が減ったときにお菓子ではなくミニトマトをつまむようにしている、といっていたからです。トマトは体によいですし、カロリーも少ないです。
昔に比べてトマトも酸味がきついものはなくなりました。
ミニトマトを一個二個食べて少しするとお腹も落ち着き満足するのです。
ダイエット中の非常食はミニトマトに限ります。
ダイエットを続けていると、食べたいものが沢山出てきてしまいます。
ダイエットを続けるということはある程度結果が目に見えてきている方がほとんどだと思うのですが、ある程度数値になって結果が見えてきたときは食べたいものは我慢せずに食べることにするのも大事です。
ただ、夜食べるのではなく朝ご飯やもしくは午前十時までに食べるのです。
ケーキが食べたい、と思えば朝ごはんをケーキに置き換えてもいいです。ただ、それを毎日続けるとさすがにリバウンドしてしまうので一ヶ月に一回や週に一回など自分で決まりをつけるとよいです。
そうすることによって、自分のダイエット生活に励みが出ますし、ダイエット中にある無理をしてダイエットをしてしまう、ということがなくなります。
食べる楽しみがなくなってしまってはダイエットをしてもつらいししんどいだけです。
楽しみながらダイエットをすることが大切ですので、自分のなかで一日の摂取カロリーを決めている場合には決めたカロリー内で収まるようにお菓子を少し食べる、という息抜きも必要になってきます。

ダイエットを決意したときの思いと行動

ダイエットを、しなければ。
 体重計に乗って、私は真剣に考えました。
 ちょっと前から、太ってきているような気はしていました。お腹が、明らかに、出てきているのです。今まで脚より下にしか肉が付いたことがない私にとってれば、遂にメタボか……という気分でした。
 しかし、私は運動が大嫌いです。特に走るのはもう地獄です。水泳という手も考えましたが、水泳もそんなに得意ではありません。それに、せっかく何かするなら、初めてのことをやってみたいな、という気持ちもありました。
 そこで私が始めたのは、ヨガでした。近所のカルチャースクールにヨガの教室があったので、そこに通うことにしたのです。
 ヨガは、楽しいものでした。運動神経なんて関係ありません。やっている間はただ一心にヨガに集中できるし、終わったらさっぱりとした爽快感がします。又、先生が若い女の先生なので親しみやすく、終わったら毎回アロマを施してくれるのも素敵でした。
 残念ながら今はそのヨガ教室は閉まってしまい、私はどうしようかと悩んでいますが、運動嫌いだけどダイエットをしたい人には、是非ともヨガをオススメしたいと思います。カルチャースクールならあまりげっしゃも高くないので、ジムに行くお金がない人にもオススメできます。