脂肪燃焼のための具体的な有酸素運動法

ダイエットを行うには、食事制限も大切ですが、筋肉を程よく動かす有酸素運動も必要です。
有酸素運動というのは軽い負荷を筋肉にかけて、呼吸が整う程度の運動を指します。

例えば水泳やランニングが、有酸素運動に当たります。
有酸素運動を行なうことによって全体の消費カロリーが上がり、痩せる体を作ることができます。

もしダイエットを行うのであるのなら、有酸素運動を行うことをお勧めします。

有酸素運動の具体的な方法は、水泳でもランニングでもなんでもいいです。
自分の好きな運動を行うことをお勧めします。

もし運動が嫌いなら、ウォーキング程度の運動でもいいです。
一日の時間を作って20分程度の運動を行うように心がけましょう。

?日20分間ウォーキングを行なうことによって、脂肪が段々と燃焼されていき、お腹周りの脂肪が燃焼されていきます。

ただし多少息が切れる程度の運動を行った方が、ダイエット効果を高めることができます。
というのも運動の強度を上げたほうが有酸素運動の効果が高まるからです。

ただだからといって、運動の強度を上げ過ぎると、無酸素運動という運動に切り替わり、
心肺機能を鍛える運動になってしまい、脂肪燃焼する運動から程遠くなってしまいます。

ではどれぐらいの強度の運動がベストかというと、ランニングとウォーキングの中間程度のすp-ドで走る有酸素運動がベストです。

この程度のスピードの運動なら呼吸が整い、効果的な有酸素運動を行うことができます。
この運動も先程も言ったとおり、20分間?日、数ヶ月続けていくと、どんどんと脂肪を燃焼することができます。

ダイエットは地道な習慣の繰り返しです。始めの内はしんどいかもしれませんが、このジョギンの有酸素運動法は誰でも実践できる簡単な方法です。

これ以外の運動は特に行う必要はありません。

シンプルな運動方法ですので、ぜひ続けてもらいたいものです。

ぜひこのジョギングを習慣化するようにがんばってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です